2017年12月5日火曜日

12月号---新聞でしか会わない単語

1)サボ(プ)って丸もらえる学校なんて最低。⑲suboptimal(n)
例文:忘れました(ある新聞に「おそまつ」と訳されていた、普通の辞書にも出ていない単語。これだから、書き言葉の英文はいやですね。)
尚、sub-の接頭辞はいろいろな意味があり全てを覚えるのは無理ですね。似たものにsuboptical
がありますが、「盲目の」とか「目には見えない」とかいう意味でつかわれるのでしょうかね。

2017年11月22日水曜日

11月号   遅くなりましたが

1)彼どう出る、周りをうろうろして、待った。⑲dawdle(vi,vt)
例文:He dawdled around the office,trying to get his brain to concentrate on the
          problems at hand.

2017年10月24日火曜日

10月号---同時に来た総選挙と大型台風

1)投票日は台風だ、っとしてはおれんと期日前投票者が押しかける。⑧surge(vi,n)
例文:Early votes surge due to approaching typhoon.

2)上に(アップ引っ張る(ヒーヴァル)と隆起して大変動が起きる。⑩upheaval(n)
例文:Pakistan has fased many upheavals in terms of its domestic politics environment.

3)くねくね曲がった道ちゃんと進めるとは、あのロボット目あんだー。⑪meander(vi,n)
例文:Kuroshio meander cuts into catches of shirasu(young serdine or dried whitebait).
※上文の下線部の発音は、米語ならメンダー、またはミャンダーに、イギリス英語なら
 ミアンダー(ダーは共にこもった小さく短い音声)になると思われます。
.