2016年2月1日月曜日

2月号-いくつ覚えりゃいいというの、英単語!

 4月4日より、新ブログ「パズルで脳トレ」開始!
   
           現在予告編公開中!!!
                              https://www.blogger.com/blogger.g?blogID



2/1公開(ラスト2)---1,600語の内の10語
                  今回もご来訪心より感謝申しあげす。       
                  毎月第一月曜日9:00(日本時間)更新

                           本題(ダジャレ文)
本題の見方---ダジャレ文の中の青色文字は英語の意味、赤色文字は語呂合わせの部分で、
かなりなまったり方言ぽくなる場合があります。また、ダジャレ文は語呂合わせの為の文言で、
意味の正当性、日本文としての正確性は有りません事ご周知下さい。
 英単語に添えられた丸数字は難易度レベルで、詳しくは2012.8/27号をご参照ください。
(⑦~⑫は書物には頻出。⑳以上も新聞等には時折出現する。)
緑色背景文字は、初公開時以降に追加・修正した部分です。

1)なーにばあや。⑫nanny(n)
2)こっぴどくやっつけられるから、あいつとはもう相撲とらうんす。㉕trounce(vt)
3)あいつの絵見れーしょん張り合っても勝てないよ。 ⑰emulation(n) 
4)試合が窮迫したら、誰でも前方へ行く自然と。㉑exigent(a)
5)他人に話しかけるはこーすっといいよ。㉔accost(vt)
6)海辺ならハマグリ採らるlittoral(a,n)
7)大げさな身振りで、ゼーゼー吸ってくれーしょんgesticulation(n)
8)「間違ったことはダメ!」に異論ねーやす。⑨erroneous(a)
9)アポすっかり忘れちゃならん薬剤師。⑭apothecary(n)
10)メソメソせ申せ。▲lachrymose(a)

                                                                  随想  
 あとからあとから出てくる不明な単語、いったい幾つ覚えたらいいというのでせう、英語とは!このダジャレ集を
4年にわたりやってきての感想です。ある本によれば、通常語で6千語、やや難解なのが6千語、都合1万二千語
くらいだろうと言います。辞書などは数万語収載していますが、日常必要なのは1万語ぐらいなのでしょうか。
ネーティヴたちはいつどこで覚えるのか、不思議になります。
 以前申しましたように、これに、熟語、各分野の専門用語が加わり、膨大な数になるわけですが、活躍分野で異なるので、トータルできっと2万語程度というところでせうか。これらをなるべく若い時に習得することが良いわけですが、最近では、一外国語だけでは不十分とも言われます。
 「あー良かった、高齢になっていて」が偽らざる気持ちです。これから社会に出る皆さん、今活躍中の皆さん、どうぞ
多さにめげず、どうぞきわめて下さい。そして充実した一生を獲得されますことを!次回は最終号ですが、
ダジャレ文は今回で終わりで(単語総数約1600語)、次回最終回は総索引となります。


             レビューⅠ(1月号本題の辞書での例文・例句または意味)
 1)Suspect the FDA and Medical Industry are in cahoots to limit citizen's Social Security withdrawals and maximize their medical expenses.
2)at an equal rate or pace  : pari passu
3)You can always tell a true expert from a dilettante.
4)<a pendant of white nephrite jade is often worn by Indians as a talisman to ward off heart disease>
5)an idea, behavior, style, or usage that spreads from person to person within a culture :meme
6)It was a memento of our trip.
7)He felt great empathy with the poor.
8)His instructions were cryptic. He said only to wait until we felt certain the answer was clear.
9) inflammation of joints due to infectious, metabolic, or constitutional causes; also :  a specificarthritic condition
10)preservation (as of sperm or eggs) by subjection to extremely low temperatures:cryopreservation

            レビューⅡ(12月号本題の語呂合わせ文)
1)jiggle⇒ジグルジングルベルの音に合わせて体を( ? )ゆする
別案:揺れるからいじぐるな。
2)wiggleウィグルウィグル族の踊りは体を( ? )くねくね動かす
3)wriggle⇒ウリグルグルリグルリと体を( ? )くねらせる
4)scintilla⇒シンティラ証拠の( ? )もなく信じられない。かけら
5)scintillateシンティレートゥ自分の才能( ? )いるのを信じれと励まされ。きらめいて
6)obsess⇒オブセスオブ(風呂の幼児語)せっせと毎日欠かさず入ることに( ? いる。囚われ
7)hypothesis⇒ヒポセシスそれは( ? )にすぎないと誹謗制止す仮説
8)scruple⇒スクルプル素人で、( ? )ながらも、選りすぐる、ブルブル震えつつ。ためらい
9)thaw⇒ソー大人のケンカは一度してしまうと( ? )あおうとするもそうはいかない。打ち解け
10)suffrage⇒サフレイジ二十歳になったぞ、さー振れっじ( ? )参政権

            レビューⅢ11月号本題のメディアで最近使われた例文
1)The nudists are asking the City Council to rescind his order.
2)A real chance for the League One side to draw level has been spurned.
3)“I want to remind everyone,” he said, “if anyone disseminates false information and causes any panic, such actions will be investigated.”
4)And in Old Town Alexandria, Murphy’s Pub was doing a brisk business.
5)Cold weather the night before the launch caused the O-rings to become brittle.
6)“"The burglar jimmied the lock": "Raccoons managed to pry the lid off the garbage pail”
7)Then his detachment was sent to build a pickle factory at Zamość.
8)But aside from aficionados of the sport, reaction has seemed a little, well, muted.
9)The lack of strategy marked every twist and turn of the American fiasco.
10)At this point I delved into a world of shocking statistics.


           これで2月号終了します。ご高覧賜り有難うございました。
                  次号3月号(最終号 )は3/7公開の予定です。

このブログは 「難解英単語ダジャレ集」を検索、又はhttp://eitango-dajare.blogspot.jp/で開きます。
お知り合いの方々ににご紹介賜りますれば幸甚です。



      当ブログ更新終了のお知らせ

当ブログでは、昨年(2015)までは毎日訪問者数が300人前後でしたが、今年になり一気に減少し、10人にもならなくなってきました。きっと飽きられたか、「意味なし」と感じられてきた結果と察します。
そこで、この3月にブログ開始四周年をもちまして、このブログの更新を終了とさせて頂きます。
尚、別のサイトで、名前を「パズルで脳トレ」と改め、内容をその名の通り算数パズル(私の自作問題が中心)にして、ブログ自体は継続していきたいと思っています。今まで同様、毎月第一月曜日を更新日にします。
普通の大人が小一時間考えると気が付くレベルの、しかし成程とうなずかれるような、興味深い算数の問題を、毎月一回公開してまいります。パズルにご興味ある方はぜひ訪問して下さい。また、お知り合いや、お子様お孫様などにもどうぞご紹介し、訪問して頂けますことを心より切望いたします。
四年にわたり、いつもばかばかしい内容にお付き合い頂きまして、心より感謝申し上げます。
執筆者  ゴンタ    2016年1月27日記